<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 京都御所:京都旅行記vol.8 | main | 仏蘭西風喫茶室「フランソア」:京都旅行記vol.10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
金閣寺・龍安寺・仁和寺:京都旅行記vol.9
今日のテーマは世界遺産!
この日は前回書いた京都御所の後、バスに乗って龍安寺に移動。
でも、その最中に、「(私が)金閣寺に行った事ないなら行ってみる?」と
言われて、金閣に行くことにしました。
元々、修学旅行等、京都だったことがなかったので、京都には前に一回来たきりで行った事ないところが沢山なもんで・・

行ってみてまずびっくりしたのは人の多さ。
・・・ライブ会場ですか?ってくらいいたんです。
この旅、そんなに沢山の人に遭遇していなかったのでのけぞるほどびっくり。そして、入場券で中に入るときの流れ作業さにまたびっくり。最後にキンピカさにびっくり(笑)とんがってる建物だなぁ!
なんていうか、写真に撮られなれてる感じしますよ、この建物。どんどん攻めてくるし・・。どっからとっても綺麗にとれるしさ〜
でも、あまりのフォトジェニックさに攻略のし甲斐がなかったり(^^;)どう撮ってもガイドブックみたいになるんだもん。

とりあえず、あんまりない角度から行って見た。まぁ、良しとします。それにしても、あまりの人に流されつつ撮った写真にしてはぼちぼちですね。それもこれもこの建物のとんがり具合のせいでしょうな。
あ、入場券がお札(でいいのかな)なので、綺麗に持って帰ろうと努力。現在うちのなくなったおじーちゃんの写真のとこにおいてあります。いいお土産だ!(でもこの札を渡す前に母に「金閣を立てたのはだれた?」という質問を投げかけられぐはっ!となりました。「一休みさんだから・・、うーん、足利・・・義満??」ととりあえず妹が考えてる隙に答えられてよかったよ・・。姉の威厳が保てました・・。母よ、突然すごい質問するなよ〜)

んで、早々に退散して今度はタクシーで移動。(どうも、歩くかタクシーを選びがちだった私。セッカチだよなぁ。)
そしたら移動中に「京都府立堂本印象美術館」っていうものすごい奇抜な建物を発見。タクシーの運転手さんに「あれはなに!?」と聞くほどすごい建物でした。歩いて移動してたら絶対入ってたな、あれ。

ほい、竜安寺に着きました。

石段をあがって石庭のある建物はもうすぐ!

入り口すぐのとこ。かっこよかったので撮ってみた。
仁和寺もそうなんだけど、こういうのガラス(かアクリルとかかよくわかんないけど)はめ込んでいて、写真撮ると跳ね返る!!ブーブー!!

で、石庭。

狭っ!!思ったより狭いよ!!
何で写真があの角度から撮られるかやっと分かったよ!入らないしっ!
ここの角度、めちゃカメラ持ってる人が列をなして並んでました(笑)
ちょっと無理に縦写真で行ったら変でした(^^;
でも、私にはこれはうまく取れないな、と早々にあきらめ。ぼーっとシンプルな庭を眺めることに専念しました。人は沢山だけど、それなりにゆっくり堪能できましたよ。

思わず撮った写真。向こうにいる人もくつろいだ雰囲気でした。

つくばいも撮りました。
おさえるとこおさえたとこで、おなかもすいてきたことですし、龍安寺のなかにある西源院というところで湯豆腐を頂くことにします。

西源院のなか。

お庭が素敵。安らぎます〜

じゃーん!待ちに待った湯豆腐!!おいし〜!!
満腹満足。
おなかもいっぱいになったところで、とりあえずお庭を回りつつ腹ごなし。

折りしもスイレンの咲く頃。いい写真を!と思ったのですが・・・、ここは望遠レンズが絶対必要なところでした・・。残念。
んでは、次仁和寺へ!


どどーん!彼らに迎えられて中に入ります。(ちなみに右側が変ですが、これ木枠。すごい狭い間隔で枠があって、よいしょって撮ってみたんですが入っちゃってましたね)

ここは本当に広いですね〜。
全部見れるたわけではないのですが、安らげるところでした。上二つほど人多くないし。タクシーの人のガイドを聞いてる修学旅行生が神妙に聞いてましたけど、人がいてもそれ以上にここには静寂があるように思います。
桜の季節はそれはそれはすごいでしょうね!!みてみたいなぁ〜

ホント壮観!!

陰陽師の世界〜!!むふー〜!!

うん、ここもう一回見に着たい。広いし。桜のモチーフ探しをしたりしたら楽しいですね。気品のある寺ってかんじがとてもしました。

はい、今回は長々と、そして世界遺産3つを駆け足でやってみました。
どれもいいところでしたよ!それぞれ季節の移ろいを楽しめるようなお庭。素晴らしい限りです。堪能堪能。

次回はそんなに長くないはずな喫茶の話でございます。。
* 21:51 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 21:51 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://transistor.jugem.cc/trackback/231
 トラックバック