<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金閣寺・龍安寺・仁和寺:京都旅行記vol.9 | main | 100万人のキャンドルナイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
仏蘭西風喫茶室「フランソア」:京都旅行記vol.10
3つの世界遺産を見た後、ちょっと一息つかなければとわざわざ移動して喫茶店へ行きました。
行った先は1934年創業の「フランソア」

店舗は国の有形文化財に指定されているおみせで、中の赤い椅子と豪華なシャンデリアが有名ですね。入った瞬間に煙る空気がそれはゆるりとした感触をうけました。入ってすぐの部屋は喫煙席、奥の部屋は禁煙席に分かれていて、喫煙席のほうが赤い椅子とシャンデリアで有名なあの部屋でした。そこで年配の男性が新聞を読みつつ煙草をくゆらせていたり。ものすごく雰囲気のある情景でした。
私達は煙草を苦手とするので奥の部屋に行きました(でも、苦手でも赤い部屋の方に行っちゃってもいいと思えるほど素敵な部屋でした)
こっちは一転、ちょっとくすんだ緑の部屋。こちらは地元の女性がおしゃべりに花を咲かせていました。こちらも椅子はアンティークがかった椅子。すわり心地も良し。
座ってとりあえずときめいたのは、フランソアの制服。
それはそれは可愛いです!ストイックなストンと落ちるかんじのワンピース。美人にしか似合いませんね!(笑)実際、フランソアの店員さん、美人ぞろい。。そして、奥の調理場にいる方々も女性。こちらも可愛い方ばかり。(てか、私いっつもそういうとこばっかりチェックしてるんですが・・。変ですよね・・)

注文したのは私が「レモンケーキ(名称忘れたけどたぶんそんな感じ)」、友人が「レアチーズ(写真奥)」。それと珈琲。ここのお得意のミルク入りのです。
写真、手前のケーキ・・、スミマセン、写真撮る前に我慢できず口に入れてしまいました。だから先端が・・かけてます(笑)見ただけで我慢できなかったんだもん!!
お味は、なんて表現したらいいかなぁ。
「有名パティシエが作った・・」とかそういうおいしさっていう感じではないんです。素朴な、でも幸せな気分になるケーキ。一週間おつかれさまの自分へのご褒美に日曜の午後に本を読みつつ、ゆったりとした時間をすごす時に食べるケーキ。または、自分の中で切羽詰った時に「ここにこのケーキがあるから」「あれをおいしいと思えれば大丈夫」って感じで。
近所だったら絶対頻繁に通うと思う。大絶賛。何度も足を運びたい喫茶店です。
__________
フランソア
京都市下京区西木屋町四条下ル
営業時間;10時〜23時
* 22:46 * comments(0) * trackbacks(1) *
スポンサーサイト
* 22:46 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://transistor.jugem.cc/trackback/232
 トラックバック
artisticでcuteな京都本
「京都おでかけ帖」 〜12ヶ月の憧れ案内〜 甲斐みのり 祥伝社(2005/11) <本の紹介文より> 春は都をどり、夏は保津川下り、秋は喫茶店巡り、冬は錦市場でお買い物。季節ごとはもちろん、その月ならではの楽しみ方がある。それが京都の醍醐味です。 京都に住
| 東京OL☆美食探究記 | 2005/11/20 12:32 PM |