<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
超朝方
朝の父娘の会話。
父:「ノロがなぁ〜」
娘:「・・・メロだよ、とーちゃん」

というわけで、ト・リ・ノ!
毎日寝不足で・・と、いつもの私なら言ってるのですが、
今回はあっさりあきらめました。
忙しすぎてリアルタイムは無理!
超朝方生活に変えようと努力したのですが、するだけ無駄☆
・・・ショック(号泣)
最低限しかみれません・・・
でもガムバル!

今回一番わたしが注目しているのはスノーボードクロス。
今大会から加わった種目です。
基本的に、私自身、演技が評価されるスポーツよりも(スキだけど)
見た目で分かりやすい順位のスポーツが好きなんですが、これはうってつけです。大迫力。そして、女子の日本代表の選手がカワイイ。さいこー!

あ、そうそうほぼ日のトリノの連載が面白すぎて胃がよじれます。
私も開会式の時、「テイジン!!」と叫んだり、「黒い板の中の一人が青い服で・・?なぜ?」と思ってましたヨ。
F1もオノ・ヨーコもソフィア・ローレンもすごかったというのに、
一番の記憶は青い服の人になってしまいました。

さて、明日の朝方は大ちゃんですね。起きなきゃ!
* 23:14 * comments(0) * trackbacks(0) *
いろいろ。
新しいこと、古いこと、見直すところ、覚えるところ・・
と、沢山いまやることがあふれてきてる毎日です。

えっと、右にも書きましたが、「カメラ日和vol.5」はまた宝物になりました。
小倉さんの写真が掲載された前号の次に宝物かな。
技術とかどうこうってはなしではない感じですが、
素直に驚き、うれしかったです。また頑張ろう。

それから、今あんまりに迷惑メールが多くて
メールアドレスを変更しようとしています。
ただ、どこのがいいかと考え中で・・。
有料でかまわないんですが、どうしようかなぁ・・・。
いいのがあったら教えてください。。

* 22:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
充電
毎日忙しいわけではないのですが、
今年に入って、いろいろ敷いていた石を強制リセットでひっくり返されてしまいました・・。
敷板ごとひっくり返されなかっただけマシかなと思いつつ・・。
いい方に転がった面もあるので、とりあえずそれを支柱に計画練り直しです。

先日、友人のお子に会いに行ってきました。
いっちょ前にてとてと私の手を引いて歩くお子にメロメロになり、
疲れて「だっこ〜」と抱きついてくるお子をギュッと抱きしめ、こっちが充電しちゃいました。
かわいかったなぁ〜。
カメラももちろん持っていってぱしゃぱしゃ撮ったのですが、
その前にウチの妹の写真を友人らに見せびらかした関係で
「あんた、絶対子供生まれたら毎日子供の写真撮るな」と断言されてしまう始末。
まぁ、その予測は私もしていますがねぇ。
また近いうちに充電させてもらいに行きたいな〜。

多分、これから忙しくなる予定。
リセットしすぎた分、気合いれないと・・
でも、そういう時ってまた旅に出たくなるんだよなぁ〜。現実逃避だな。

右にコンテンツに近況メモを搭載しました。
記事にするほど内容がないときに使用(笑
* 21:48 * comments(2) * trackbacks(0) *
letter
今日は友人に話しかけたいことがあって書いています。
何故直接会話で伝えたり、メールをしたりしないのかというと
これは返事を求めるようなものではないから。

こうして普段からblogを通して書いていることというのは、
海へビンにつめたメッセージながしているようなものであると考えています。
むろん受け取ってくれる人がいることを願って流しています。
でもそこからこちらに向けて、なにか欲しいわけではないのです。
ただ、自分の思いを言葉にしたいだけです。
いまから書くこの手紙は、そういう性質を含んだ、
宛はあるけど、受け取ってもらえなくても構わない、という手紙。
だから、ここに書くことにします。

一番の友人へ。
続きを読む >>
* 22:53 * comments(0) * trackbacks(0) *
熱と感情
熱に浮かされて始まった今週、
高熱のさなかに眼にしたいくつかの事項は
怒りとか涙とか感謝とかの感情を引きつれやってきた。
それらはずんと自分の頭に響き渡り、
熱の去った頭の中にもまだ反響している。
うまく伝えたくて、でも伝えられず泣いた一週間だった。

思いというものは
言葉にしなければ伝わらない
とは思っていたけれど、
言葉にしても伝わらないこともある
ということを思い知った。
続きを読む >>
* 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) *
「書く」をはじめる
「一個人(いっこじん)」という雑誌がありまして、
対象は多分「子供がもう大きいお父さん」なのだろうと思うのですが、それの今出ている2月号を思わず手に取りました。
amazonでこの号を見つけられなかったのでちゃんと紹介出来ず悲しいのですが、小西真奈美さんが表紙の号です。

普段全然手に取ることのないこの雑誌を手にしたのは、特集にひかれたから。
「「書く」って楽しい?」
という特集で、一冊丸ごと書くことについての特集でした。
読み応えのある文章と綺麗な写真んで構成された特集は書くことからつながる、年を重ねること、生きることについてまで考えさせられる雰囲気さえありました。
これを読むことで、「そういえば、私、書くことってとっても好きだった」と思い出し、今までは投げやりにしか書いてなかったいろんなもの、例えばこのblogの文章ももう少し丁寧に書くことにしよう、というのが今年の目標になりました。

今年の私の目標を作るきっかけになったこの雑誌には、もうひとつ気になるものがついていました。
「一年後のあなたに宛てて、手紙をだしませんか」と題し、封筒と便箋がついていたのです。
これを出すと、時間差郵便で一年後の自分に届くというもの。
タイムカプセル郵便みたいな感じです。
おもしろいとおもいませんか?
一年後というのが、長すぎずいいじゃありませんか。
覚えている間に届くし、今年一年を振り返り、次の年につなげることの出来る封書になるのではと考えます。まだ書いてないのですが、締め切りが1月25日なので、もうちょっと考えつつ書いてみようと思います。

気になる方は、本屋さんで(もしくは、コンビニ)探してみてくださいませ。

※一個人 二月号(2006年NO.69)¥580 KKベストセラーズ
続きを読む >>
* 17:11 * comments(2) * trackbacks(0) *
<< | 2/37PAGES | >>